コラーゲンの効果を引き出すために吸収率の違いを知ろう

コラーゲンの取り方

コラーゲンの吸収率は、その摂取方法で異なります。コラーゲンを含む食品などの形態・種類で体内に吸収される量が異なります。また、摂取したコラーゲンがうまく体に吸収されず、そのまま体外排出されてしまうこともあるものです。美肌を目指すなら、効率よくコラーゲンを摂取したいもの。

 

では、きちんと効率よく体内吸収されるコラーゲン摂取の方法はどのようなものなのでしょう。

 

その点についていくつか検証してみます。

 

コラーゲンを含む食材と吸収率

まずコラーゲンを多く含む食材として例に上げるのは「鶏なんこつ」です。これのからあげが好物の方もいるでしょう。鶏なんこつの成分のほとんどはコラーゲン。そこだけ聞くと、とても肌に良いように感じられます。たくさん食べればコラーゲンをたくさん摂取できる、と思うかもしれません。

 

でも、そこで考えなければならないのが「コラーゲンの吸収率」です。

 

鶏なんこつは、ほとんど消化されないという難点を持っています。消化されない食べ物は、当然体内吸収されません。つまり栄養として肌に届くことがないのです。また鶏なんこつはからあげにして食べることが多いものですが、からあげは油をたくさん含みます。肌のために「鶏なんこつのからあげ」をせっせと食べていたら、肝心のなんこつのコラーゲンが吸収されず、ただ油だけが体内に吸収されて肌荒れや体重増加を招くこともあるのです。

 

これに対して、消化吸収率がよい食材として例に上げられるのは、フカヒレ・すっぽん・ウナギなどです。近年の研究では、ブタ・鶏などよりも魚に含まれるコラーゲンのほうが体に良いというデータも出ています。でもこれらの食材は高価なもの。お金に余裕がないと、定期的に摂取できないのが難点です。

 

このような点を踏まえて、効率よくコラーゲン摂取をするにはどうしたらいいのかを、さらに考えてみようと思います。

 

コラーゲン吸収率を上げるにはサプリメントを利用しよう

コラーゲンを効率よく摂取するために効果が高いのは、サプリメントです。

 

ここで推奨するサプリメントは「コラーゲンを精製し、経口摂取できるよう加工したもの」を意味します。食品に含まれるコラーゲンは消化吸収が難しく、せっかく食べても体内に取り込まれないという難点がある。この点については先に説明しました。サプリメントになっているコラーゲンは、このような難点を解消するために作られています。あらかじめ「体内吸収しやすい形」に精製されているのがコラーゲンサプリメント。ですから、サプリメントならば効率よく体内吸収することが可能となるのです。

 

さらに、食品からコラーゲンを摂取する場合、消化吸収に5時間はかかるとされています。サプリメントの場合は30分程度で消化吸収されると考えられているのもポイントです。サプリメントは即効性でも優れた存在と言えるのです。

 

コラーゲンを使用した健康食品は数々あります。その中には添加物を多く含んだ粗悪品もあるものです。そのようなものは体に害となる可能性があるので、コラーゲンサプリメントは添加物や精製方法などに注意して選びましょう。

 

コラーゲン摂取によい時間と注意ポイント

人体の細胞生成は午後10時から午前2時に最も活発になると言われています。この時間帯は「お肌のゴールデンタイム」とも称されます。コラーゲンの体内吸収も、肌の細胞生成が活発となるこの時間をしっかり狙って行いたいものですね。

 

サプリメントは体内吸収にかかる時間が30分程度。そのため、午後9時から午後10時の間に摂取するのが、最も効率的と考えられるでしょう。基本的にゴールデンタイムには眠っていることが理想的とされます。でもこの時間に眠っていられるとは限りません。その場合、ゆっくり体を休めているだけでも効果を得ることが可能です。

 

ゴールデンタイムは体内修復作業の時間です。この時間帯には体を休める。そして飲酒・喫煙など肌に悪い行為は控える。それがコラーゲンを効率よく吸収し、肌を美しくするポイントと言えるでしょう。

おススメのフカヒレコラーゲン配合アイテムはこれ!


だからフカヒレぷるるんがおすすめ!

公式サイトへ

 


美・皇潤のおすすめポイント

公式サイトへ

 


ふかひれ100コラーゲンゼリーの特徴

公式サイトへ

 


次の注目アイテムはこれ!

すっぽん小町のおすすめ情報

公式サイトへ