食べ物でコラーゲンを効率的に摂取する方法

主にフカヒレ・鶏の手羽先・魚のアラ・ヒラメ・サンマ・サケ・スペアリブなどは、コラーゲンを豊富に含んでいます。煮物などのこれらの食材を入れると、冷めてから煮汁が寒天のような状態に固まるのをご存知でしょう。この現象は、コラーゲンが煮汁を凝固させるからなのです。

 

鶏の手羽先などは、身の部分以上に骨、軟骨、皮、内臓、腱などのほうがコラーゲン量が多いので、煮込み料理などでは煮汁もいただくほうが良いのです。また、煮込み料理や鍋物に最適なのは貝類クラゲ、ナマコなども同様で、鍋物などにするとその豊富なコラーゲンが煮汁に溶け出しますから、コラーゲンをたくさん摂取したいなら汁も一緒に摂るようにしましょう。

 

フカヒレはコラーゲン摂取に最適な食材

皆さんご存知のサメのヒレであるフカヒレは、100g中に80gものコラーゲンを含む、優秀食材です。要職が不可能なサメですが、自然のサメから取れるフカヒレのコラーゲンは人体への安全性が高いとされており、人間皮膚の真皮とかなり近い性質だということも分かっています。

 

ただし、やはり高給食材のフカヒレを日常生活の中でこまめに摂るというのは、価格の面で無理があります。ですから、サプリメントなどでフカヒレ由来のコラーゲンを配合したものを選択するようにすれば、経済的で効果的なのです。

 

数々のコラーゲン添加食品も登場

近頃は、コラーゲンを配合した食品も多く出回るようになってきました。たとえばDHCの発芽玄米雑炊であったり、コラーゲン入り納豆、コラーゲン入りヨーグルトやコラーゲン入りガムなどというものまで登場しています。

 

さらにあまり知られていないようですが、従来からあるイワシ・サバ・サケなどの缶詰もコラーゲン豊富ですし、牛肉の大和煮やコンビーフなど、缶詰製品にはコラーゲン豊富なものが多いのです。そのまま開封すれば食べられますし、手軽にコラーゲンを効率良く摂取できます。価格もリーズナブルだから続けやすいのではないでしょうか。

おススメのフカヒレコラーゲン配合アイテムはこれ!


だからフカヒレぷるるんがおすすめ!

公式サイトへ

 


美・皇潤のおすすめポイント

公式サイトへ

 


ふかひれ100コラーゲンゼリーの特徴

公式サイトへ

 


次の注目アイテムはこれ!

すっぽん小町のおすすめ情報

公式サイトへ