私たちの体に欠かせないコラーゲンとは

お肌の健康に欠かせないコラーゲン

人間の体内に存在するタンパク質、コラーゲン。お肌にとって重要な成分として有名ですが、肌だけでなく髪や筋肉・内臓・骨・関節など全身の細胞同士を結合する役割を果たしています。

 

人体の2割はタンパク質だと言われていますが、その3分の1を占めるのがコラーゲンで、コラーゲンが不足するといろいろなトラブルを引き起こします。しかし、コラーゲンは、年齢が進むとともに自然に少なくなってしまいます。コラーゲンがもっとも多いのは10代後半で、それ以降は徐々に減ると言われています。

 

コラーゲンの減少と共に、お肌が年齢を感じさせるようになり、関節が言うことを聞かなくなり、骨が弱くなるなどの問題が出てきます。そのため、コラーゲンを上手に補っていく必要が出てくるのです。

コラーゲンが減少したお肌の状態はどうなっているのでしょうか?

人間の皮膚には3つの層があります。外側から、表皮、真皮、皮下組織です。お肌の状態に一番影響するのは真皮ですが、真皮は主にコラーゲンでできています。

 

コラーゲンが減少すると、肌に水分をキープする機能が低下するので、肌が乾燥した状態になってしまいます

 

皮膚だけではなく、髪や骨にも直接的な影響があります。まず、髪にコシがなくなり、パサパサした感じになります。骨が弱くなりますので、骨粗鬆症を引き起こす原因にもなるのです。

 

コラーゲンは軟骨にも豊富に含まれていますが、軟骨内のコラーゲンが少なくなると関節トラブルの要因となります。膝の痛みなどがコラーゲン不足によって引き起こされていることもあります。

 

コラーゲンが足りないと血管にも影響があるって本当ですか?

健康な体でも、血管に小さな傷が発生することはよくありますが、コラーゲンの働きによりすぐに修復されるため、大きな問題になることはありません。 ところが、コラーゲンが足りないために傷が残されてしまうと大変なことになります。

 

傷が発生した箇所からコレステロールなどがどんどん入り込み、最終的に血管を圧迫するに至ることがあります。さらに、カルシウムなどが溜まってしまうと、ちょっとしたことで血管が破れてしまう可能性が出てきます。このような箇所が脳にできれば脳出血や脳梗塞を発症しかねませんし、心臓の場合は心筋梗塞など心臓病の原因になります。コラーゲン不足により血管が弱くなると、命にかかわる事態になることもあるのです。

おススメのフカヒレコラーゲン配合アイテムはこれ!


だからフカヒレぷるるんがおすすめ!

公式サイトへ

 


美・皇潤のおすすめポイント

公式サイトへ

 


ふかひれ100コラーゲンゼリーの特徴

公式サイトへ

 


次の注目アイテムはこれ!

すっぽん小町のおすすめ情報

公式サイトへ