コラーゲンの正しい知識とは

一日に必要なコラーゲンの量は?

皆さんは、コラーゲンはどのぐらいの量を摂取すれば足りているといえるのか、ご存知ですか?昨今、京都大学府立大学などの共同研究チームが「コラーゲンの経口摂取によるコラーゲン回復メカニズム」なる新発見について発表しましたが、この発見により、じつはそれまで世間一般に流布していたサプリメントなどからのコラーゲン摂取は、誤ったメカニズムの理解から推進されてきたものに過ぎないということが判明したのです。

 

その誤った理解とは、「コラーゲンを摂取したらそのまま体にコラーゲンとして蓄積される」ものであり、また、「たくさん食べるほど肌にいい」という発想です。こうした発想が完全に間違いとは言い切れないのですが、コラーゲンを食べればそれがそのまま皮膚などに蓄えられる、などどいうことはありませんし、量についても適量というものがあるのではないかと気になります。

 

では実際、どの程度摂るのがベストなのでしょうか?

1日5gが適量

理想的なコラーゲンの摂取量は、1日あたり5gだそうです。

 

また多く摂り過ぎても特に問題のない成分であり、年齢ごとに必要量は異なるものの、全世代で5gを目標にしていいようです。かつてはたくさん摂取すればするほど肌にいいとされてきたコラーゲンですが、本当はこんなに少ない量でも肌だけでなく、骨や体の各機能を健康に保つ効果が望めるものなのです。

 

ただし、食品からコラーゲン5gを効率良く摂取するとなれば、どんな食材をどの程度食べればいいのかなど、正しく理解しておく必要があります。たとえばサンマでコラーゲン5gを摂取する場合はなんと2,5kg、およそ16匹分食べないといけないのですが、このようなことは全く現実的ではありません

 

また、少ない量でも十分なコラーゲンを摂取できる食材といえばちりめんじゃこやウナギなどが挙げられますが、しかし毎日これらを食べ続けるということもまた現実的ではないですし、栄養価が偏るのも気になります。季節によっては手に入らなかったり、とても値が張ったりするのも問題です。

 

コラーゲン5gを摂取できる各食材の量は以下のようになります。ご参考になさって下さい

 

  • フカヒレ:7g
  • 鶏の手羽先:5本
  • 鶏ガラスープ:1.2?
  • 鶏軟骨:125g
  • カレイ(エンガワの部分に多い):1/2枚
  • 牛スジ:15g
  • 鮭(皮の部分に多い):2.5切れ
  • うなぎの蒲焼(皮の部分に多い):14g
  • ちりめんじゃこ:22g
  • サンマ…約16匹:(2.5kg)
  • マシュマロ:250g

 

一日に必要なコラーゲンの量は?


もっとも、食品からコラーゲンを摂取する場合は含有量だけでなく、吸収率についても正しく理解する必要があります。上記の中でも鶏軟骨などは、食べてもあまり消化吸収が良くないので、コラーゲンを効率よく摂れる食べ物とはいえません。また、人体に効率良く吸収してしっかり働かせたいならば、「魚由来のコラーゲン」がいい、ということも判明してきたのです。

 

効率良くコラーゲンを摂りたいならばサプリメントの活用がおすすめ

以上のようなことを踏まえると、食品からのコンスタントなコラーゲン摂取はなかなか難しいということがお分かりになるはずです。その点サプリメントなら毎日手軽に補えますし、アミノ酸やビタミンなどの重要成分も配合されたものが多く、相互作用でコラーゲンの吸収率を高めたり、働きをよくすることが期待できるものもあるのです。

おススメのフカヒレコラーゲン配合アイテムはこれ!


だからフカヒレぷるるんがおすすめ!

公式サイトへ

 


美・皇潤のおすすめポイント

公式サイトへ

 


ふかひれ100コラーゲンゼリーの特徴

公式サイトへ

 


次の注目アイテムはこれ!

すっぽん小町のおすすめ情報

公式サイトへ